響PAPA ROCK&BMWMINI2009 楽しめばよかよ

<   2006年 09月 ( 23 )   > この月の画像一覧

SuperMountainbike-X 第3戦 ホテル ハーベスト イン東急リゾート 勝山

e0075675_2011145.jpg

e0075675_201389.gif

e0075675_2075064.gif

SMX「スーパーマウンテンクロス」遠征の為、予約しました。残りわずかということです。
e0075675_2032238.jpg

こんなことして
e0075675_203462.jpg

こんなお姐さんと
e0075675_2054688.jpg

こんなところでも
e0075675_2063673.jpg

落ちていくような、気持ちになれるかな~縁起でもないなぁ
[PR]
by kibmx | 2006-09-30 20:04

19歳浪人生~晴れて大学生になった俺〈この頃はモテテイマシタ〉

e0075675_2542273.jpg

骨も折れてないのに、当時ポッキーと呼ばれていましたね、体重は42キロでしたかね。
きょうへい君、遺伝ですので太るには相当の努力が必要ですよ。
[PR]
by kibmx | 2006-09-30 02:55

Doyle Bramhall II 〈ギタリスト〉

見せてくれるトリプルギターの凄まじさ!

よか男です。
e0075675_017493.jpg

ドイル・ブラムホール2世--この名前にピンときたらかなりのブルース・ロック通だ。彼の父、ドイル・ブラムホールはライトニン・ホプキンスやヴォーン・ブラザースのバックを務め、テキサス・ブルース・シーンで名を馳せた名ドラマーだからである。息子である彼も16歳からジミー・ヴォーン・バンドのセカンド・ギタリストとして音楽漬けの毎日を送る。99年にから1stアルバム『Jellycream』を発表し、ブルージーなギターテクはもちろんのこと、自らがヴォーカルをとりゴリゴリのブルース・ロック・ソングを展開。『Welcome…Doyle Bramhall II & Smokestack』(01年)をエリック・クラプトンが惚れこみ全米ツアーの前座に抜擢された。

スティヴィー・レイ・ボーンに楽曲を提供していた父(ドイル・ブラムホール→ドラマー)を持ち、生前スティヴィーからギターを習い、1991年、ダブルトラブル(スティヴィーのリズム隊の2人)とチャーリー・セクストンと「アークエンジェルス」を結成! 1枚CDを出したあと空中分解しました?が・・・・エリック・クラプトン&B・B・キングのCD「ライディング・ウィズ・ア・・キング」にドイルの曲が取り入れられ見事、復活!! クラプトンのツアーのオープニングアクトにも抜擢されスティヴィー・レイ・ボーンの流れを組む第一人者として活躍中です!!

やってくれます、これぞブルースギターってかっ!
[PR]
by kibmx | 2006-09-27 00:08

デレク・トラックス〈 ギタリスト 〉


e0075675_021425.jpg
デレク・トラックス-幼い頃からブルースやR&Bの流れる家庭に育ち、9歳でプロとしてデビュー、10代半ばには自身のバンド、デレック・トラックス・バンドを結成し、時を同じくして、オールマン・ブラザーズ・バンドに迎えられた才能の持ち主である。長い間彼を知らない人にはちょっとした誤解があったかもしれない、それは偉大な叔父でありオールマン・ブラザースのオリジナル・メンバーである“ブッチ・トラックスの甥”という肩書き。長い間本国アメリカのメディアでもそんな紹介文が踊っていた時期もあったが、音楽的成熟度が増すにつれてそんな言葉はどんどんと払拭されていった。「今アメリカのギタリストで最も有望なプレイヤーは?」と聞いたら間違い無く彼の名を挙げる人は多数いるだろう。そんなデレックのルーツ、クラプトンと共にやってくれますよ、きっとね~
今回のクラプトンのジャパンツアーメンバーです。
e0075675_032748.jpg



トラックスという姓を耳にし、もしあなたがサザン・ロックの熱狂的信望者だったとした時に真っ先に頭を過ぎるのは、オールマン・ブラザーズの偉大なドラマーであるブッチ・トラックスの名だと思う。しかしここで紹介する”トラックス”は若干23歳ながら早くもギターヒーローとしての頭角を現している天才的なプレイヤーである。
デレク・トラックスは、フロリダ出身、前述のブッチは叔父に当たる。後にオールマンブラザーズのギタリストとして多忙なツアーを過ごすことになるデレクを”コネでスターダムに登りつめた若者”と一蹴する事は容易い。---そう彼はその恵まれた音楽環境を十分に利用して来たのは紛れも無い事実である。しかしながらその音楽経歴を聞くとその筋金入り振りに驚かされるのだ。
”9歳でギターを手にし1年程でマスターする”、このような話は良く大物ミュージシャンの武勇伝で聞かされ、その「マスターする」という頻度も判らないので、常に眉唾ものだと思わせるものだが、11歳でロードに出て、15歳になるとブルース、ジャズなどを習得しデレク・トラックス・バンドとして活動を開始、バンド・メンバーは40代のジャズ/ブルースのベテランで現在もバンドのメンバーであるトッド・スモーリーとヨンリコ・スコット~ここまで来ると皆納得するしかない。。。
また叔父のブッチとのフロッグウィングスとして活動し、99年にはオールマン・ブラザーズのメンバーとして正式に加入が認められた。現在デレクは、オールマンと自身のグループで年間400公演近くのライブをこなしているという。そのワーカホリック振りと、3作目のアルバム『ジョイフル・ノイズ』で聴かれる究極のルーツ・ロック・サウンドに今後のサザン・ロックの命運を握る重要人物として注目が注がれる
[PR]
by kibmx | 2006-09-26 23:56

お疲れ様

e0075675_18431466.jpg
今日は無事に終了、串焼き屋で接待も完了!ホテルにて~たまには自分も日記に登場す!明日も頑張る俺。
・K・I・
[PR]
by kibmx | 2006-09-25 23:56

なんだか荷物が多いなぁ~

e0075675_9452316.jpg

なんだか荷物が多いなぁ~でも~仕方ない。前回の緑山ナイトで痛めた足首がまだ痛いが頑張る俺!
[PR]
by kibmx | 2006-09-25 09:45

お買い物 古くなったので、チャリンコシートを交換

e0075675_19525423.jpg

なかなかの優れものです。

そして~らららギャッビーも~さっそく響ーちゃんは使ってみて、満足したようです。
e0075675_19541457.jpg


秋の夜長でチャリのお掃除〈午前1時の絵〉
e0075675_20173697.jpg

[PR]
by kibmx | 2006-09-24 19:55

ブルースマンの武道館のチケットを取りました〈たぶん最後になりそうな感じだから〉

どうでしょうか、きっと、楽しませてくれるはずです。
アリーナは無理でしたが、1階スタンド席が獲れました。
e0075675_1944599.jpg

久々に行きます。ロックの殿堂 武道館へ
e0075675_20154279.jpg

e0075675_20144942.jpg


e0075675_2034322.jpg

e0075675_19465457.jpg

そして、YAMAHA 10Mにレンガを敷いて、10円玉も敷いて、クラプトンを聴きました。
e0075675_19483157.jpg

今夜は泣いてくれます彼のギターが、週明けは僕も大阪で泣きます~まだ続く あのプロジェクト
[PR]
by kibmx | 2006-09-24 19:48

今マイブームなピックアップトラック

e0075675_1935867.jpg

FORD F150 ワイルドスピードの主人公が乗っているものと同じ車

e0075675_19364795.jpg

.AMT CHEVY TRUCK レーシーです
e0075675_19373263.jpg


e0075675_1938156.jpg


e0075675_19381394.jpg


e0075675_2014055.jpg

見に行きたいが・・・行くと    ね
[PR]
by kibmx | 2006-09-24 19:37

2006 ナイトレース にゅるにゅる

ビデオ屋さんのところにアップして頂いた画像です。
カメラの精度がいいのか、綺麗に撮れてます〈感謝〉
でも、雨のレースはショートトラックレースではなく、別物になりますよね
私は子供たちのコースマーシャルで腰と足が破壊されました、子供たちを助けて転ぶのは辛いですよね笑
e0075675_224537.jpg

[PR]
by kibmx | 2006-09-24 02:02