人気ブログランキング |

響PAPA ROCK&BMWMINI2009 楽しめばよかよ

カンブリア宮殿 テレビ東京 ニュースが教えない日本経済

2006年5月29日放送
カリスマヘッドハンターに聞く、
『ニッポン企業のリーダー像』とは?
ゲスト:古田英明 (ヘッドハンター)
観客:さまざまな組織・現場のリーダー 100人

「上場企業、3年連続最高益」「夏のボーナス、4年連続増」
ここ数日の、日経新聞一面トップの見出しである。企業の好業績が、このところ一段と目に付く。 しかし、いち早く業績回復を成し遂げた企業の共通点は「トップの強烈なリーダーシップ」。
日産自動車:カルロス・ゴーン、松下電器:中村邦夫、そして常に勝ち続けるトヨタ自動車も、奥田碩・張富士夫というリーダーの存在が欠かせなかった。
これからの時代、企業は生き残りを図るために、トップの強烈なリーダーシップは不可欠である。

古田英明―――
神戸製鋼、野村証券へ転職したあと、日本初のヘッドハンティング会社を設立した。
自分にも、部下にも月間100人会うことを義務付ける。
1998年 「世界のカリスマヘッドハンター200傑」入り。
すでに1000件を超える「ヘッドハント」を手がけた。
「ニッポン企業のリーダーになるための転職が可能なのは、45歳以上の幹部人材だけ」
「企業内リーダーになれるのは、同期100人の、上位5%までだ」
「苦しい、もう辞めたい、と思う人間にこそ、その仕事のリーダーにつかせたい」
そこで、カリスマヘッドハンター、古田英明に聞く。
ヘッドハンターの仕事とは…
どのようにハントの対象を選び抜き、どのように口説き落とすのか。
ニッポン企業が求めるリーダー像とは…
「売れるサラリーマン」になるために、何をなすべきか。
「ニッポン企業のリーダー像」を徹底してあぶり出す。
―――古田の目に、日本の未来はどう映っているのか。


古田さんの人柄に集まる人が多いだろうなと思った
観点がするどく、キレのある人だと思った、引き出しの数が多く
常に多面的にものを捉える力がある人だと感じた

番組を見て感じたこと、好きな言葉
1.目の前のこと〈仕事を〉好きになるか好きになる為にはギリギリの努力をすること
あきらめないこと。

2.資本主義/プロテスタンティズムの精神がすべてであるが
武士道の精神は忘れるな=トップのマネジメントがカギを握る、
できれば、トップを下ろしてほしいなぁと思うやつがちょうどいい
今日も俺は社長だっと言って、いばっているようでは駄目だし
もっと、改革に乗り出せとベネッセの新社長をスクープしていたのが印象的
〈今一眼レフデジカメで話題のソニー出身の方〉

3.うまく行かなかったとき、失敗した時に、自分以外の人が悪いと思う人は
なにをやっても駄目!悪いのは自分その責任とか想いが重要

4.仕事時間9時17時以外で部下を育てろ!

毎週月曜日 22時 テレビ東京にて
by kibmx | 2006-06-07 00:54
<< 咳 コンコンと苦しんだ 今週! 老廃物 死ねっ >>