人気ブログランキング |

響PAPA ROCK&BMWMINI2009 楽しめばよかよ

四人囃子 日本最大のプログレバンド

日本のロックの黎明期において活躍した、1970年代を代表するプログレッシブ・ロックバンドである。しばしば「洋楽ファンをもうならせる演奏技術、楽曲センスを持つ」と評され、その存在は日本のロック史において半ば伝説化してる。
バンドメンバー
森園勝敏(ギター、ヴォーカル)
岡井大二(ドラムス)
中村真一(ベース) ※脱退
坂下秀実(キーボード)
佐久間正英(ベース)
茂木由多加(キーボード) ※脱退
佐藤ミツル(ギター、ヴォーカル)
末松康生(作詞) ※脱退

結成当時のメンバーは、森園勝敏(ギター、ヴォーカル)、中村真一(ベース) 、岡井大二(ドラムス)、坂下秀実(キーボード)である。1969年、まだ高校生だった森園と岡井が出会い、中村を加えた「ザ・サンニン」として活動。その後、坂下が加わり「四人囃子」としての活動を始めた。1973年に、東宝芸音株式会社よりサウンド・トラック「ある青春/二十歳の原点」を発売、プレデビューし、1974年に東宝レコードから「一触即発」をリリースして本格デビューを果たす。ピンク・フロイド、EL&P等の海外のプログレや、ディープ・パープル等のハードロックの影響も感じさせる「一触即発」の発表は、当時まだ黎明期にあった日本のロックシーンに多大な衝撃を与えた。ファーストアルバムの発売後、キーボードの茂木由多加が参加。その後、ベースの中村が脱退し、代わりに佐久間正英が加入。5人体制でシングル「空飛ぶ円盤に弟が乗ったよ」('75)を発売。茂木が脱退して後セカンド・アルバムの「ゴールデン・ピクニックス」('76)を発売する。しかし、アルバム発売後にフロントマンだった森園が脱退。バンド存続の危機に見舞われるも77年に佐藤ミツルを新ギター・ヴォーカルとして迎え、バンドは活動を続ける。「PRINTED JELLY」('77) 、「包(bao)」('78)、「NEO-N」('79)(キーボードは坂下に代わり茂木)を発売する。その後、バンドは長らく活動休止するが、1989年には佐久間・岡井・坂下による「DANCE」 を発売。森園と佐藤も含めた5人で再結成ライブを行い、ファンを歓喜させた。1996年にはオフィシャルサイトを設立。散発的にライブを重ね、2001年末には全曲未発表音源 (未発表曲/未発表ヴァージョン)による5枚組みボックスセット「四人囃子 BOX SET-From The Vaults-」を発売。 2002年には森園・岡井・坂下・佐久間の四人で精力的な活動を展開、スモーキー・メディスソや頭脳警察と競演したほか、フジ・ロック・フェスティバルへの出演を果たす。同年末には入手困難であった音源全10タイトルが再発売された。また、翌2003年には来日したProcol Harumとの競演も実現している。
一触即発
e0075675_0233940.gif


1976年5月 ゴールデン・ピクニックス
e0075675_026351.gif


このアルバムはほしい2枚ですね
プログレはバカにしてたけど、今、聞くと凄い音作りをしている
森園は当時、まだ20才ぐらいだったと思う
by kibmx | 2006-10-31 00:16
<< 頭脳警察 古き日本のロックバンド。 Homecoming 2004... >>