人気ブログランキング |

響PAPA ROCK&BMWMINI2009 楽しめばよかよ

86&FC

e0075675_23541041.jpg

ドゥループエスペリア AE86
AE86型
通称「ハチロク」と呼ばれる。このモデルから最終モデルに至るまで、4A-GE型1600cc直列4気筒DOHCエンジンが搭載されている。最高級グレードである"GT APEX"の3ドアハッチバックの白黒ツートン仕様車(GT APEX専用カラーだがGTVとAE85・SRにもオプション設定されていた)がコミック「頭文字D」の主人公(藤原拓海)の愛車ということもあり、一部の自動車ファンの間でAE86型の人気が再燃した(アニメ版で主役の声を演じた声優である三木眞一郎も実際に所有している)。だが、このハチロクを有名にしたのは1984年の富士フレッシュマンレースでADVANトレノで6連勝を果たした土屋圭市であろう。

1985年のマイナーチェンジでは、GTVを除くグレードにAT仕様が追加されたが、台数は非常に少ない。なお、4A-GE型1600ccDOHCエンジンは3A-U型1500ccSOHCをベースにヤマハがシリンダーヘッドを設計、DOHC化したもので初期型はグロス130ps(ネット115ps相当)であったが、最終的にAE101型に搭載されたスーパーチャージャー付き4A-GZE型エンジンに於いて170ps(ネット値)となる。



e0075675_23543131.jpg

FC3S

RX-7は、1985年10月に最初のフルモデルチェンジが行われ、FC3S型となった。開発コードはP747。ファンの間ではFCと呼ばれている。

プラットフォームは、マツダ・FCプラットフォームが用いられた。エンジンはインタークーラー付きターボ13B型を搭載。日本以外では、初代に続き日本未発売の13BEFI自然吸気エンジン仕様車が13Bターボエンジン搭載車とともに併売された。

途中マイナーチェンジが行われ、エアフロ(フラップ式→メジャリングコア式)、リアコンビネーションランプ(角目→丸目3灯)、ボディのモールの同色化、リアスポイラー形状等が変更された。

「∞(アンフィニ)」シリーズと呼ばれるスペシャリティーモデルが4世代に渡りリリースされる。1991年のFD3S型へのフルモデルチェンジの年初、787Bのル・マン24時間レース総合優勝を記念した、最後の特別仕様車「ウィニングリミテッド」というモデルが発売された。
by kibmx | 2007-06-30 23:55
<< 頑張ってくれ、受験生 夏を制す... あまりに綺麗でした、夕焼け >>